IKITEKUTEKU

煩悩 & 欲望 ジャーナル『IKITEKUTEKU』は、愛と金と欲望と…生きる術の研究&実践記。「煩悩と欲望」に向き合うメディアです。

勃起不全には4つの種類がある!!|機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害、その他

      2016/04/20


どうも、愛と煩悩の王子です!

130693

ひと言で「ED 勃起不全」と言っても、実は、4つのED 勃起不全があるのはご存じでしょうか?

  • 機能性勃起障害
  • 器質性勃起障害
  • 混合型勃起障害
  • その他の勃起障害

と、偉そうに言っていますが、実は、かくいう私も、自分がED=勃起不全になるまでは、まさか、こんなにも男性のアソコが、繊細なものだとは、知らなかったわけです。

というわけで、この4つの勃起障害が、一体、どんな障害なのか? 敵の正体を暴くべく、リサーチしてみた結果を、皆さんにお伝えしようと思い立ちました。

で、結局、私を救ってくれた「ザ ゴールド」がどうして効いたのか? についても、少し哲学(考えただけですが)してみましたので、読んで参考にしてみてください。

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害

一般的な勃起不全のイメージって何でこんなに曖昧なの?

勃起って、曖昧?

世間、一般の勃起不全=ED、インポテンツのイメージってものすごく曖昧だと思いませんか?

この曖昧さの理由は、勃起不全は原因に直結するようなものではなく、性欲そのものを感じない人もいれば、性欲はあるのになぜか勃起障害である、というつらい人もいるからなんですよね。ちなみに、私は後者でした(笑)

EDには、4種類?

EDのイメージが曖昧である上に勃起不全は何と4種類もの種類があるために、一体勃起不全とは何なのか?ということがわからなくなってしまう方もいるのでは?

よくわからなくてもこのままでは困る…そんな方も、私が実際に勃起不全を改善させた頼れるアイテムをご紹介するので安心してくださいね!

ODOougonsekaotoko

実は奥深い勃起不全、だって、機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害、その他の勃起障害と4種もあるんだよ!

4種類に大別できる

勃起不全という同じ症状が表れる勃起障害…。実は4種類の原因があるなんて奥深いと思いませんか!?EDで悩んでいる方は、まずはその4つの種類を知ってくださいね!

勃起障害は大きく分けて、4つに分類されます。

  1. 心理的な要因が体に表れる機能性勃起障害
  2. 服用している薬が影響を及ぼしたり病気や怪我が原因で起こる器質性勃起障害
  3. 複数の原因が複雑に絡み合って勃起不全を引き起こした混合型勃起障害
  4. 環境の変化や肥満などによるその他の勃起障害

それでは早速、それぞれの勃起障害についてご説明していきます。

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害_4

機能性勃起障害とは何か

圧倒的に多い勃起障害って?

実は、4種類ある勃起不全の中でも勃起障害になる原因で圧倒的に多いのがこの機能性勃起障害。機能性勃起障害の原因は心因的なものと言われていて、人によってその原因となるようなことは異なります。

例えば、Aさんの機能性勃起障害の原因は会社でのストレスでもBさんは過去のセックスでの失敗を引きずっていたり。Cさんは結婚前までは勃起不全ではなかったのに、早く子どもを作らなければいけないという焦りやプレッシャーが負担になっているということもあるのです。

このタイプの厄介なところは、治療をしても不安やストレスが取り除かれなければ、症状の改善も難しいというところです。

  • 心因的なもの
  • ストレス
  • 不安
  • 焦り
  • プレッシャー
  • 失敗

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害_Stress

器質性勃起障害とは何か

身体的、物理的な問題が原因?

器質性勃起障害では「怪我などによる外傷」「手術の影響」によるもの、「病気」「薬剤」「煙草の吸いすぎ」など原因は多岐に渡ります。

原因はそれぞれ違うかもしれませんが、「体にとって何か害になるものの悪影響で体が正常に働かない」ということを考えるとこちらが原因の場合は意外と深刻な問題のように感じてしまいますよね。

「交通事故の後遺症」など元通りに回復することが厳しいこともありますが、まずは医師に相談してみてください。もしかしたら原因となっているものを発見して治療への道を作ってくれるかもしれませんよ。

  • 怪我などによる外傷
  • 手術の影響
  • 病気
  • 薬剤
  • 煙草の吸いすぎ
  • 交通事故の後遺症

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害_病気

混合型勃起障害 とは何か

「機能性勃起障害」+「器質性勃起障害」=「混合型勃起障害」

混合型勃起障害は一言で言えば機能性勃起障害と器質性勃起障害が混ざり、原因の特定が難しくなった勃起障害です。

ただ同時に心因的なものと病気の原因の両方が重なることももちろんありますが、混合型勃起障害では自分が勃起不全になりやすい手術をしたり病気にかかったりした時に、思い込みから勃起不全が起こってしまうような場合も非常に多いんだとか。

混合型勃起障害では2つ以上の原因をなくしていかなければいけないので大変ですが、病気を治すのは難しくても思い込みをなくしていくことはできそうですよね。

いづれにしたって、「ポジティブに考えること」「気楽に考えること」、という習慣は難しいときもありますが、やっぱり大事なんだろうと思うのです!

  • 心因的なもの
  • 病気の原因
  • 思い込み

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害-Think

その他の勃起障害 とは何か

日々の生活のささいなことから

4つめの勃起障害のラストではその他の勃起障害と大きなくくりになっていますが、「肥満」「食生活」「生活習慣」「加齢」によるものなど原因となることはかなりたくさんあるようですね。

特に、加齢や肥満などでも勃起障害になってしまうことを考えると、EDが男性なら誰もが将来かかるリスクが高いものだと意識してしまいます。今は大丈夫でも、将来EDで悩む可能性は本当に誰にでもあるんですよ。

だからこそ、今のうちから何がEDの原因なのかを知っておいて、一つ一つのことに気を遣っていきたいな、と私は思っています。

  • 肥満
  • 食生活
  • 生活習慣
  • 加齢

機能性勃起障害、器質性勃起障害、混合型勃起障害_Unhealthy

自分の場合は、機能性勃起障害だったようだ

愛と煩悩の王子の場合は?

130693

いろいろ調べてみてはじめてわかったことなのであんまり偉そうには言えないのですが、

私の場合は定番ですが、機能性勃起障害でした。これ、今考えても本当につらかったです(笑)

機能性勃起障害の場合は心因性のものなので、病気のように目に見えて今一つ回復するっていうのがなくて、普通に生活していて正直自分では回復しているのかがよくわからなかったんですよね…。

EDそのものにも焦りやストレスってありますけど、会社でのストレスが蓄積していくのを知らず知らずにアソコが受け止めてくれていたのではないでしょうか?

病気のように目に見えて、心の問題だが…

しか~し、今では、無事に治っております。治っているというか、回復しているというか。。。

冒頭にも説明したように、私の場合においては、EDに自信を取り戻してくれたのが、ザ ゴールドという精力剤サプリでした。

まあ、元々、身体的には悪くなっておらず、結局、心的なものを外部から栄養分を流し込んで、勃起しやすくさせた!という感じが正解でしょうか。多分。

結局、ザ ゴールドは、こうした4つの勃起不全になぜ、効いたのだろうか?

その答えは雲のなか……

ぶっちゃけますと、「何故効いたのか?」という問いに答えはありません。自分でも、わからないんですよ。笑

わたし自身、サプリに頼るのって何となく怖い、って思っていた口ですから。…でも、ザ ゴールド、国産だしなあ、と思ったわけです。

きっと安心安全の会社のはず!ってね。

なぜなら、ザ ゴールドは天然成分をバランス良く配合していますし、不足しがちなビタミンなどもしっかり摂れるのが大きなポイントとして、「いいじゃんいいじゃん」と思ったし、ハーブ系の漢方も含むので、体にも良いサプリ! というイメージがを持てたんですね。(もしや、宣伝にだまされ過ぎ? 笑)

でも、たとえ騙されていたとしても、実際問題として効いたから仕方ありません。プラシーボかもしれません。

でも、自分が信じているのは、「もしかしたら、ザ ゴールドが効くのって体に良い成分を総合的に含んで心と体の調子を整えてくれているからなのかも。そういう効果があるなら、4つの勃起障害のいずれにも高い効果を発揮してくれることにも納得できる」ということでした。

これ、皆さんは、そうは思わないのかなあ。。。でも、実際そうだと思ったんですよね、わたしの場合は。

それになんと言っても、この商品を製造、販売している会社のサポートが、めちゃくちゃ丁寧なので、その丁寧さに、「すっばらしい!」と感動しているということも、大きな要因でしょうね。

やっぱり、できることなら安心した気持ちで、勃起不全回復に取り組みたいですもんね。

thegold111

4つの勃起不全との付き合い方の提案

4つの勃起不全、調べていくと、実は共通点が多いことに気づきますね。

4種類それぞれへの付き合い方は、人により様々なのでしょう。しかし、大事なことというのは、とてもシンプルなのではないでしょうか。

そのシンプルなことというのは、「事実」に向き合い、「前向きな気持ち」を維持するための「対策」とさらに勃起力を回復させるための「可能性の高い試み」を繰り返していく、ということになるかと思います。

それをもう少し具体的に言ってみると、ネットや本などで知識を得て、正しい知識を取り込んで、自分に合った自信のもてる精力剤やED治療薬を入手して、その土台の上に新しい勃起力回復のためのテストも繰り返していく、ということになります。

そんな中でも、共通項として「気にし過ぎないようにする」ということは、非常に重要なことですね。しかし、この「気にし過ぎない」ということが、凄く難しいことであることは言うまでもないことです。

勃起不全克服のコツは、これをどう実際に行っていくか? にかかっていると思います。そのためには、心のケアや病気やケガの治療をしながらEDとも付き合っていく、など人によって色々な付き合い方ができると思います。

何よりもいけないのは、絶対に治らないものと決めつけたり、あきらめたりすることでしょうね。

私の実際の体験談そして今回の調査から、EDとどう付き合っていくべきか? を私なりに述べてみると、自分的には、基本は、天然系精力剤(私の場合、ザ ゴールド)に頼って安心感を持ちながら、バイアグラやシアリス、レビトラなど、もっとクリエイティブに、楽しむ心をもって、勃起不全への対策をあれこれと、試していき、付き合っていったらいいんじゃないかというのが「今のところの結論」ですね。でも、実際問題、今や、これで一生いけるはずだ、という自信もありますけどね。笑 勃起からくる自信って、不思議なものです。

私のように心に余裕ができたり効果抜群のサプリを飲んでいるという安心感から症状が一気に軽くなる人は少なくないでしょうね。とはいえ、山頂への道は、ひとつではありません。ぜひ、みなさんなりのやり方、見つけてくださいね。

【 アクション・ポイント 】

  1. 本やネットで調べまくって事実を得る
  2. 自分に合った長期的に使える精力剤(鬼、お守り)を入手する
  3. 他の回復方法も鬼(精力剤)に金棒(飛び道具的なもの)の金棒的な意味で探し続ける

では、またまた~! 愛と煩悩の王子でした~。

130693

 

 - ED克服|基礎知識, ED(勃起不全/インポ)